カードローン 在籍確認

在籍確認の電話内容について

カードローンでお金を借りたいけれど、在籍確認が心配で申し込みを躊躇しているという方もいるかもしれません。それで、ここでは、在籍確認がどのように行われるのか、また在籍確認が無いカードローンはあるかということについてご説明したいと思います。

 

在籍確認はプライバシーに配慮して行われる

在籍確認で心配なことは、消費者金融のカードローンに申し込んだことが、同僚や上司にバレてしまって、気まずい思いをするということかもしれません。「消費者金融から借りるなんてよほどお金に困っているのか」と思われるんじゃないかと、ちょっと不安になりますよね。でも、在籍確認の電話は、プライバシーを十分配慮して行うので、それほど心配はいりません。

 

在籍確認の電話は、社名を出さずに個人名でかけてきます。ですから、消費者金融のカードローンに申し込んだということは周りの人にはわかりません。銀行カードローンの場合は銀行名を出すところもあるようですが、銀行からの電話なら、銀行名を出されてもそれほど不安はないかもしれませんね。また、在籍確認ではどんなことを聞かれるのだろうという点も心配かもしれません。

 

在籍確認の電話はカードローンの申し込みをした人が本当に申告した職場で働いているかどうかを確認するためのものですから、それが確認できれば、電話はすぐに切ります。長々といろんなことを聞かれることはありません。

 

指さし女性2

 

また、在籍確認の電話があった時に自分が不在でも、同僚や上司が「今、席をはずしています」のようなことを言ってくれれば、それで在籍確認が取れたことになりますので、その後改めて電話がかかってくることはありません。

 

無職の専業主婦がカードローンに申し込んだ場合の在籍確認

無職の専業主婦の方がカードローンに申し込んだ場合は、ご本人には勤務先はないので、もちろん在籍確認はありませんが、本人」確認の電話が自宅にかかってきます。

 

無職の専業主婦で夫に内緒で申し込んでいる場合は、自宅に電話がかかってくるのは都合が悪いかもしれません、その場合は、連絡先を自分の携帯番号にひておくことができます。

 

また、「夫に内緒にしたいけれど、夫の会社に在籍確認の電話がかかってきたらどうしよう・・・」という不安があるかもしれませんが、普通は配偶者の会社に在籍確認の電話がかかってくることはありません。

 

ただ、一部の銀行カードローンでは、配偶者の勤務先に在籍確認の電話をするところもあるようですので、あらかじめ確認してください。ちなみに無職の専業主婦が消費者金融で借りる場合は、配偶者の同意書が必要なので夫に内緒にはできません。消費者金融で借りる場合は、必ずご主人に相談してください。

 

在籍確認のないカードローン

在籍確認は審査の段階で必ず行われるものですが、消費者金融の申し込み方法によっては、在籍確認がない場合があります。

 

在籍確認が取りにくい職場で働いているなどの事情がある場合は、電話による在籍確認に替えて書類による在籍確認を行ってくれる消費者金融もあります。

 

提出する書類は直近の給料明細書などです。在籍確認が不安な方は、消費者金融のフリーダイヤルに電話して、書類による在籍確認が可能かどうか相談してみることもできます。在籍確認以外のことでも、不安なことは何でも聞いてストレスが少ない状態でカードローンに申し込んでくださいね。