取り立て

取り立て屋の行為

取り立てとは、債権者が強制的に催促してお金を取りにくる行為で資金業法で禁止されています。2010年に改正され、資金業法がさらに強化されました。以下の事が禁止されています。

 

・正当な理由なく暴力的な行為・態度で家に押しかけたり、勤め先に嫌がらせの電話やFAXを送りつける。
・夜中や朝方に押しかける
・無理やり家や勤務先に押しかけ、退去を求めても長時間居座る
・正当な理由なく午後9時から午前8時の間に取り立てを行う
・他社から借入をして返済を要求する
・保証人や責務者以外の返済義務がない人に返済を要求する
・利息制限法を越える利息の要求

 

取り立て

これらの行為は資金業法違反なので完全な取り立てといえます。これらの行為をする代表的な所がヤミ金です。よくドラマなどでお目にかかる光景です。ヤミ金には絶対に手を出さないように気をつけましょう。ヤミ金に手を出してしまうケースで多いのが、緊急でお金が必要になった時や、どこからも借りることができなくなっている状態の人です。

 

急いでお金が必要になったときでも金融機関はしっかり見極めることが重要です!!

 

>>次ページでは急いでお金が必要の場合について紹介しています