お金が返せなくなった場合

返済できなくなった時は

 

お金がない

 

借入をしたけど、病気になってしまい返済できない、リストラ、給料が下がって返済ができなくなった…などの場合、債務整理によって返済を減額してもらえます。債務整理には、自己破産・任意整理・民事再生の3つの種類があります。

 

 

自己破産

 

任意整理、民事再生を行っても支払不能と認められた場合で、過去7年以内に免責を受けたことがない方が自己破産を利用できます。財産を手放す必要がありますが、原則すべての借金の返済が不要になり、収入を生活費にあてることができます。

 

任意整理

 

毎月の借入の総額と返済額を減額することができ、一部の借金のみを返済することができます。裁判所を利用することがないのでスムーズに行えます。これから先、返済は可能という方にオススメ。

 

民事再生

 

任意整理で返済額を減額しても返済が出来ないけど、自己破産は嫌という方にオススメ。原則として3年間で返済する方法なので、継続して収入のある方に限ります。

 

チェック

債務整理をすると、7年間は信用情報機関に掲載されるので借入や、クレジットカードを作ることができなくなります。

 

債務整理をしてブラックリストに載ると、「海外旅行に行けない」「戸籍き傷がつく」などと噂されていますが、それは全くの嘘です。財産はなくなりますが、噂されているような事はありません。

 

>>専業主婦でも安心して借りれる金融機関はコチラをご覧ください