配偶者貸付

主婦必見!配偶者貸付について

消費者金融のカードローンに申し込んでお金を借りれるのは、安定継続した収入がある方ですね。無職で全くどこからも収入がない人は、返済能力がありませんから、お金を借りることはできません。ただし、無職の専業主婦の場合は消費者金融からでも、お金を借りることができます。なぜでしょうか?

 

総量規制について

まず、「配偶者貸付」についてお話しする前に、総量規制についてご説明したいと思います。総量規制というのは、貸金業者は借り入れ申し込み者の年収の3分の1までの額しか貸し付けをしてはいけないというルールです。

 

ですから、例えば年収が300万円の人が、カードローンで50万円の借り入れを申し込んだ人でも、すでに100万円(つまり年収の3分の1)の他社借り入れがあれば新たな借り入れはできません。

 

年収の3分の1しか借りれないということは無職で収入が0の人は必然的にカードローンで借り入れができないわけですが、総量規制には例外というのがあって、その例外の一つが「配偶者貸付」というものです。

 

指さし女性1

 

配偶者貸付とは

配偶者貸付というのは、「配偶者と併せた年収の3分の1までの貸し付け」が可能というものです。ですから、自分が無職の専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば、配偶者の年収の3分の1までの額なら借りれることになります。

 

ただし、配偶者貸付によってカードローンで借りる場合は、配偶者の同意書が必要になるので、専業主婦は夫に内緒で借りることはできません。夫に内緒で勝手に同意書を作成して融資を受けようとすると私文書偽造の罪に問われることもあるので、必ずご主人に相談する必要があります。

 

配偶者貸付で借りる場合には、そのほかに婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本の提出も必要になります。

 

また、場合によってはご主人の収入証明書の提出が必要になることもあります。このように無職の専業主婦は、消費者金融からは夫に内緒で借りれないので、夫に内緒で借りたい場合は、銀行カードローンに申し込むのがベストです。銀行カードローンなら、本人確認書類だけで契約ができます。

 

また、夫の職場に在籍確認の電話が入ることも、普通はありません。一部で、在籍確認をする銀行カードローンもありますが、在籍確認の電話が入る場合はあらかじめホームページで告知されているので、確認してください。