ブラック カードローン

ブラックだとキャッシングできない!?

普通、ブラックリストと言えば要注意人物の名前が載っているリストのことですね。金融の世界では「ブラックリストに載る」というのは信用情報機関の自分の信用情報に事故の事実が登録されている状態のことです。

 

事故というのは債務整理や延滞などのことで、債務整理中の人や延滞がある人は、金融機関や貸金業者から、貸したとしても返済ができなくなる可能性がある要注意人物とみなされてしまうわけです。では、ブラックリストに載ったらもうカードローンで借入れはできないのでしょうか?

 

信用情報機関の個人情報の登録は一定期間だけ

スーツの女性

信用情報機関にはCICやJICC、全国銀行個人信用情報センターがあります。各金融機関や消費者金融、クレジット会社などがいずれかのあるいはすべての信用情報機関の会員になっています。

 

これらの信用情報機関は一部の情報を共有していて、また、銀行の場合はすべての信用情報機関の会員になっています。各金融機関や消費者金融は借入の申込みがあると自分が会員になっている信用情報機関に連絡し、カードローン申し込み者の個人信用情報を開示してもらいます。

 

この時に債務整理などの登録があれば審査にはほぼ通りません。ただ、登録の期間は限られているので、登録機関が過ぎれば債務整理の記録は抹消されて、また借り入れをすることができます。登録機関は債務整理や延滞は5年を超えない期間、申し込みの記録は半年を超えない期間です。

 

 

ただ、全国銀行個人信用情報センターでは、自己破産の登録は10年間です。この期間を過ぎてから申し込めば審査に通る可能性があります。たとえば、結婚前に債務整理をしていて今は無職の専業主婦になっているという方もいると思いますが、5年以上が過ぎていれば、専業主婦向けのカードローンで借りれる可能性はあります。

 

ですから、なお、申し込みの記録も半年間残るので、短期間に立て続けに申し込むと、いわゆる「申し込みブラック」になって、審査には通らなくなるので、一度審査に落ちたら数か月の期間をおいてから申し込んでくださいね。

 

 

配偶者がブラックリストに載っている場合は?

ところで、自分は事故記録がないけれど配偶者が債務整理や延滞でブラックになっている場合、カードローンの審査には通るでしょうか?もし、仕事をしている主婦の方であれば、自分の信用情報しか調べられないので、審査には影響ありません。

 

ただ、無職の専業主婦が貸金業者から借りる場合は、配偶者の一部の信用情報もチェックされます。調べられるのは、氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先の商号または名称、交付を受けていれば運転免許証の番号、本人確認書類の記号番号です。

 

ですから、もしその消費者金融がすでに配偶者の個人信用情報を持っていれば、検索して配偶者がブラックであることがわかってしまうことがあります。

 

無職の専業主婦の場合は、配偶者に返済能力や信用性がないと審査に通らないので、配偶者の信用情報が自分の審査に影響することがあります。ちなみに無職の専用主婦が消費者金融のカードローンで借りる場合は、配偶者の同意書が必要なので、夫に内緒では借りれません。

 

夫に内緒で借りたい専業主婦の方は、銀行カードローンで借りてくださいね。配偶者の勤務先に対する在籍確認も一部の銀行のカードローンを除いてありませんが、在籍確認が心配な方はあらかじめホームページなどで確認してくださいね。