アリバイ会社

気をつけて!アリバイ会社の実態

カードローンでお金を借りるときには、審査がありますが、この審査に通るためにアリバイ会社を使って申し込みをする人がいます。このアリバイ会社とは何でしょうか?

 

アリバイ会社とは

アリバイ会社というのは、偽装会社ともいわれるもので、架空の源泉徴収票や給料明細書などを発行します。また、在籍確認にも対応します。

 

ですから、無職の人や無職の専業主婦、カードローンの審査に不利な水商売などの職業に就いている場合に利用することがあります。在籍確認の場合は、「今、席をはずしています」のように対応することもあれば、電話を本人に転送する場合もあります。アリバイ会社はカードローンの審査だけでなく、入居審査に通るために利用することもあります。

アリバイ会社を利用するのは安全か?

このようにアリバイ会社は、いろいろなサービスを行っていますが、アリバイ会社を利用して申し込むのは当然リスクがあります。

 

バツ

もし、アリバイ会社を利用して融資を受けようとしたことが銀行や消費者金融にわかってしまえば、当然契約はできませんし、以後その金融機関や消費者金融からは借り入れができなくなります。また、場合によっては詐欺の罪に問われることもあります。

 

専業主婦の方は、夫に内緒でカードローンに申し込むことが多いですが、消費者金融への申し込みには配偶者の同意書が必要なので、それを避けるためにアリバイ会社を利用したくなるかもしれませんが、非常に危険なことなのでやめましょう。

 

アリバイ会社の中には詐欺会社もあります。うかつに利用すると手数料だけだまし取られて、カードローンの契約もできないということになります。

 

無職の人が融資を受ける方法

無職の人が融資を受けるには生活福祉資金貸付制度のような公的融資制度を利用するのが安心です。この制度は社会福祉協議会が窓口になって行っています。

 

単身者も利用することができ、金利は、連帯保証人がいれば0ですし、連帯保証人がいなくてもカードローンよりもはるかに低い金利で融資を受けることができます。また、無職の専業主婦の方は、消費者金融ではなく、銀行カードローンから借りるのが安全です。

 

夫に内緒で借りたいと思う場合も、銀行カードローンなら本人確認書類だけで契約ができるので、夫に内緒でも契約ができます。また、配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入ることもありません。無職のかたはアリバイ会社など危険な手段を使うことなく、安全な方法でお金を借りてください。